Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

Eclipse:Win7にインストール

Eclipse IDE for Java Developers の バージョン Mars (4.5.1) を、Windows7 にインストールする手順を書いていきます。Eclipse のバージョンが多少違っていても、同じ手順でインストールできると思います。

前提

JDK がインストールされていることが前提となります。JDK のインストール方法は、以下の記事を参照して頂けると嬉しいです。

手順1. ZIPのダウンロード

Eclipse のページ を開いて、対象のパッケージを表示します。

page-eclipse-package

右側のプラットフォームに応じたリンク(32bit or 64bit)をクリックして、次のページに遷移します。

page-download

ボタン「Download」を押して、ZIPファイルを任意の場所に保存します。

手順2. ZIPの解凍

ZIPファイルを解凍して、中身を任意の場所(今回は C:\eclipse )に配置します。

unzip-directory

手順3. メモリ設定(任意)

次の手順で、Eclipse の最少メモリサイズを1GBに設定します。

  1. C\eclipse\eclipse.ini を開きます。
  2. ファイル内の -Xms256m-Xms1024m に変更して保存します。

Eclipse の使用中にメモリを拡張しなくなるので、動作速度が改善され(ると言われて)ます。

手順4. 動作確認

C:\eclipse\eclipse.exe を実行して、画面が表示されれば成功です。Welcom(ようこそ)のビューは閉じて大丈夫です。