Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML などの記事を書いています。

バージョン番号の振り方(GitHub推奨)

バージョン番号の振り方を調べていたら、GitHub推奨の セマンティック バージョニング(Semantic Versioning) を見つけることができました。

今後はその仕様どおりバージョンを振っていこうと思いつつ、自分が忘れないように簡単なメモを書いてみました。

著者

セマンティック バージョニング著者は、GitHub共同設立者の Tom Preston-Werner さんでした。TOML という設定ファイルの作者だったりもします。

概要・要約

次のように採番するみたいです。

メジャー.マイナー.パッチ

それぞれの番号は半角ピリオドで区切られます。バージョン(番号)の上げ方は、要約するとこんな感じみたいです。

将来性

現在も似たような採番ルールにしているソフトも多い気がします(ルールを合わせやすそう)。また、GitHub のリリースページ(バージョンの入力欄あり)では、下の画像ように Semantic versioning の記載があります。

f:id:mamorums:20170515143124p:plain

今後、GitHub を利用している多くのソフトウェアが準拠していくのではないか(or すでに準拠している)と思っています。

補足

開発の初期段階

メジャーバージョンがゼロ(0.x.y)の場合は、開発初期段階と考えるようです。API は安定してなくて、いかなる変更も起こりうる感じです。

アルファ版・ベータ版

アルファ版(例:1.0.0-alpha)や、ベータ版(例:1.0.0-beta)の採番方法も、セマンティック バージョニングのページ に記載されていました。