Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

Vagrant:仮想マシンのメモリサイズ設定

Vagrant で作成した仮想マシンの、メモリサイズ変更手順を書いていきます。

手順1. メモリサイズ設定の有効化

Vagrantfile を開いて、次の箇所を表示します。

変更前

  # config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
  #   vb.memory = "1024"
  # end

そして、以下3行のコメント記号 # を削除します。

  • config.vm.・・・
  • vb.memory ・・・
  • end

変更後

  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
  #   # Display the VirtualBox GUI when booting the machine
  #   vb.gui = true
  #
  #   # Customize the amount of memory on the VM:
    vb.memory = "1024"
  end

これでメモリサイズ設定が有効になります。

手順2. メモリサイズの設定

メモリサイズは、変更後 Vagrantfile の 1024 の箇所で設定できます。上の例だと、1024MB(1GB)になります。

手順3. 確認

仮想マシンを起動して、VirtualBoxGUI を立ち上げます。

virtualbox-gui-cheking-memory

vb.memory = "1024" で起動したら、設定通り 1024MB(1GB)になっていました。

参考文献

Configuration - VirtualBox Provider - Vagrant Documentation