Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML などの記事を書いています。

Gradle:Javaコンパイルのバージョン指定

Gradle で Javaコンパイルするときに、ソースコードのバージョンとターゲットクラスファイルのバージョンを指定する方法を書いていきます。この2つのバージョンは、javac コマンドのオプション -source, -target に対応するものです。

設定方法

Java プラグインを適用して、sourceCompatibility, targetCompatibility で指定します。

apply plugin: 'java'

sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

関連記事

Gradle:Javaコンパイルのエンコーディング指定