Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

JDK8:Win7にインストール

JDK8(バージョン 8u71)を、Windows7 64bit にインストールする手順を書いています。

手順1. インストーラのダウンロード

OracleJDK ダウンロードページ を開きます。

jdk-download-page

ボタン DOWNLOAD をクリックして、次のページに遷移します。

jdk-win64bit

遷移したら、ラジオボタン Accept License Agreement にチェックを入れて、jdk-8u71-windows-x64.exe をクリックします。ダウンロードが始まったら、インストーラを適当な場所に保存します。

手順2. インストーラの実行

インストーラを実行すると、インストールが始まります。

このブログでは、インストール中に次の2点だけ設定を変更しています。設定を変更せず、インストーラの表示通り進めても大丈夫です。

1. インストール先

下の画面で「C:\jdk1.8.0_71\」に変更しています。

install-folder

※ 画像の「パブリックJRE」をインストールしないようにすると、JREのコピー(次の画面・手順)を回避できそうです。

2. JREのコピー

下の画面(コピー先フォルダ)が出てたら、×ボタンでコピーをキャンセルしてます。

jre-copy-folder

JDKJRE が入っているので、これは不要だったりします。

関連文書

JDK8:Win7の環境変数設定JDKを使うための設定)