Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

組込Jetty:セッションタイムアウトの設定

組み込み Jetty(Embedded Jetty)で、セッションタイムアウトの時間を設定する方法を書いてみました。

前提

この記事のコードを動かす場合は、記事「組込Jetty:ServletでHelloWorld」の資源(ディレクトリ構成、pom.xml)が必要になります。

設定方法

Jetty の ServletContextHandler を使っている場合、コンテキストからセッションハンドラーを取得して設定します。

// ※ 下の ctx は ServletContextHandler 型の変数
ctx.getSessionHandler().setMaxInactiveInterval(1800);

設定する値は秒で、上の例だと30分(1800秒=60秒×30分)になります。

コード例

次のコードは、記事「組込Jetty:ServletでHelloWorld」の AppServer クラスです。セッションタイムアウトを設定する行を追加してみました。

ejs/src/main/java/ejs/AppServer.java

package ejs;

import org.eclipse.jetty.server.Server;
import org.eclipse.jetty.servlet.ServletContextHandler;

public class AppServer {
  public static void main(String[] args) throws Exception {
    Server svr = new Server(8080);
    ServletContextHandler ctx = new ServletContextHandler(
      ServletContextHandler.SESSIONS
    );
    svr.setHandler(ctx);
    ctx.setContextPath("/");
    ctx.getSessionHandler().setMaxInactiveInterval(1800);
    ctx.addServlet(HelloServlet.class, "/hello");
    svr.start();
    svr.join();
  }
}