読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web系開発メモ

Java, SpringBoot, JavaScript, CSS, HTML などの記事を書いています。

JS:CommonJS と Modules の概要

JavaScript の CommonJS と Modules といった仕様が気になって、少し調べてみました。今回は、その調査内容をまとめていこうと思います。

CommonJS の概要

CommonJS とは、ブラウザ外の JavaScript(サーバサイドやデスクトップ向け)の仕様を定めるためのプロジェクトのことです。元々の名称は ServerJS で、CommonJS に変更されたようです。

CommonJS の仕様

CommonJS は様々な仕様から構成されていて、全ての仕様が確定しているわけではないみたいです。その中でも、Modules, Packages, Promises, System といった仕様は確定しているみたいです。

Modules の概要

Modules は、include 機構とも呼ばれています。ある JS (モジュール)を、別の JS から使えるようにする仕組みのようです。

Modules の例

calc.js で関数 add を公開して、main.js から利用する例を書いてみました。

calc.js

// public
exports.add = function(x, y) {
    return x + y;
}
// private, local function
var minus = function(x, y) {
    return x - y;
}

exports にセットした関数が、モジュール外部に公開されるようです。次の main.js で、公開した関数を呼び出してみます。

main.js

var calc = require('calc');
calc.add(1, 2);  // 3
// calc.minus(1, 2); -> Error

require(...) で読み込んで使用します。

補足

CommonJS 自体は、Node.js によってすたれてきている、と発言する人もいるようです。

参考文献