Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML などの記事を書いています。

gulp:less コンパイルとブラウザ更新の自動化

gulp を使って、less のコンパイルとブラウザ更新を自動化する手順を書いていきます。ブラウザ更新(リロード)には、Browsersync を使ってみようと思います。

前提

今回の記事は、gulp: less コンパイルの自動化 の続きとして書いています。ディレクトリ構成や資源は、前回記事のものを使っています。

手順1. browser-sync のインストー

次のコマンドでインストールします。

> npm install browser-sync --save-dev

手順2. gulpfile.js の編集

前回作成した gulpfile.js に、内容を追加していきます。

// パッケージの読み込み
var gulp = require('gulp');
var less = require('gulp-less');
var plumber = require("gulp-plumber");
var browserSync = require('browser-sync').create();

// lessコンパイルタスク
gulp.task('less', function() {
  return gulp.src('src/*.less')  // src の less が対象。
    .pipe(plumber())  // エラーが発生しても止めない。
    .pipe(less()).pipe(gulp.dest('src'))  // css は src に出力。
    .pipe(browserSync.stream());  // ブラウザ更新
});

// デフォルトタスク
gulp.task('default', ['less'], function() {
    browserSync.init({
        server: "./src"  // サーバ起動
    });
    // less が更新されたらコンパイル
    gulp.watch("src/*.less", ['less']);

    // html が更新されたらブラウザ更新
    gulp.watch("src/*.html").on('change', browserSync.reload);
});

手順3. gulp実行

デフォルトタスクとして実行します。

> gulp

実行すると、gulp が常駐してブラウザが起動します。less か html ファイルが変更されたら、ブラウザが自動で更新されます。

終了する場合は、ctrl + c を押します。