Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML などの記事を書いています。

npm コマンドのメモ

最近よく使う npm のコマンドと、その処理内容を書いていこうと思います。

init

> npm init
  • プロジェクト情報の入力を対話形式で始める。
  • 入力した情報は package.json に保存される。

install パッケージ名

–save

> npm install --save パッケージ名
  • アプリ実行時に必要となるパッケージをインストールする。
  • パッケージの情報は、package.jsondependencies に保存される。
  • 実行時のパッケージとしては、フレームワーク(express, etc) などがあげられる。

–save-dev

> npm install --save-dev パッケージ名
  • 開発時に必要となるパッケージをインストールする。
  • パッケージの情報は、package.jsondevDependencies に保存される。
  • 開発時のパッケージとしては、テスト用のライブラリや、コンパイラ(sass, less, etc)などがあげられる。

-g(–global)

> npm install -g パッケージ名
  • 色々なプロジェクトで使うパッケージをインストールする。
  • インストールしたパッケージは、PATH が通ってコマンドとして使えるようになる。
  • ビルドシステムの gulp-cli などは、グローバルでインストールする。
  • インストールは1回で大丈夫だが、プロジェクト単位でもインストールが必要なパッケージもある。(例: gulp の場合は > npm install --save-dev gulp も必要。)

install

> npm install
  • package.json の内容(dependencies, devDependencies)に従って、依存するパッケージをインストールする。

install の補足

  • インストールしたパッケージは、node_modules ディレクトリ に追加される。
  • node_modules 配下は、バージョン管理対象外にすると良さそう。
  • node_modules はファイルが多すぎるのと、package.json があれば再インストール(> npm install)できるため。