Web開発者のメモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

CentOS:日本語環境に設定

CentOS で、特定のユーザを日本語環境にする手順を書きます。

手順1. 日本語関連パッケージのインストール

次のコマンドで、パッケージをインストールします。

$ sudo yum -y groupinstall "Japanese Support"

手順2. 環境変数の設定

vi などで ~/.bash_profile を開いて、最終行に次の文言を追加します。

export LANG=ja_JP.UTF-8

この設定が反映されるのはユーザ単位です。対象ユーザが多い場合などは、別の方法を検討したほうが無難だと思います。

補足. 環境変数の反映

次のコマンドで、追加した環境変数を反映できます(次回ログイン時は、自動で反映されます)。

$ source ~/.bash_profile

反映してから date コマンドなどを実行すると、日本語が表示されるようになります。