Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

Linux:どのディストリビューションを使うか?

Linux を使ったり勉強するときに、どのディストリビューション(≒OS)にするか迷うことがあります。今回は「個人利用」と「仕事の勉強」という観点から、おすすめの OS を考えてみました。

個人利用は Ubuntu がおすすめ

Ubuntu は最新の機能を取り込むのが早かったり、パッケージ管理システム(apt-get)でインストールするソフトのバージョンも新しかったりします。

Ubuntu - Wikipedia

Vagrant などで仮想環境を構築する場合にもおすすめです。Vagrant Box のランキング(下の画像、ダウンロード数順)を見ても、Ubuntu が人気だったりします。

f:id:mamorums:20171203192606p:plain

仕事の勉強なら CentOS が良いかも

会社とかで使う可能性があって、そのために勉強するのであれば、CentOS が良いかもしれません。

CentOS - Wikipedia

理由1. CentOS は商用に近い。

会社(特に大きな会社)では、商用ディストリビューション(有料の Linux)を使うことが多いと思います。CentOS は、国内商用として有名な Red Hat Enterprise LinuxRHEL)の完全互換を目指したフリーのOSです。

CentOS を使っていれば、会社で使う可能性の高い RHEL の勉強になりそうです。

理由2. VPS でも CentOS が使える。

VPS(やレンタルサーバ)を使っている企業も多いと思います。有名な「さくらの VPS」でも、CentOS は標準OS として採用されています。

料金・仕様一覧|VPS(仮想専用サーバ)はさくらインターネット

補足. Cent OS と Fedora 違い

FedoraRed Hat 系統ですが、最新の技術を取り込む姿勢が強く、その点が CentOSRHEL と違うようです。

参考文献

有償linux ディストリビューション