Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

POML開発:2016年11月27日

先日、POML の新しいバージョン v0.2.1 をリリースしました。

新バージョンでは、よりシンプルに pom.poml(POML ファイル)を書けるようになりました。

旧バージョン

これまでの pom.poml には、Layout Section(デリミタ --- より下の部分)が必要でした。

pkg=com.example:demo:0.0.1:jar
depends=
  junit:junit:4.12:test,
  org.assertj:assertj-core:3.2.0:test
property=project.build.sourceEncoding:UTF-8
compiler=source:1.8, target:1.8
---
{{#model4 }}
  {{pkg }}
  {{depends }}
  {{property }}
  <build>
    <plugins>
      {{compiler}}
    </plugins>
  </build>
{{/model4}}

新バージョン

今後は、POML ファイルに Layout Section がなくても、pom.xml を生成できるようになります。

pkg=com.example:demo:0.0.1:jar
depends=
  junit:junit:4.12:test,
  org.assertj:assertj-core:3.2.0:test
property=project.build.sourceEncoding:UTF-8
compiler=source:1.8, target:1.8

XML のレイアウトは、自動的に決定されます。

※ これまでと同じように、Layout Section を使うことも可能です。

生成される pom.xml

poml コマンドを実行すると、前回のブログ記事 と同じ XML が生成されます。

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>

  <groupId>com.example</groupId>
  <artifactId>demo</artifactId>
  <version>0.0.1</version>
  <packaging>jar</packaging>

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>junit</groupId>
      <artifactId>junit</artifactId>
      <version>4.12</version>
      <scope>test</scope>
    </dependency>
・・・省略・・・

関連リンク