Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML など、Webアプリの記事を中心に書いています。

SpringBoot アプリ開発:3.プロジェクト作成

つぶやきアプリ(こちら のアプリ)の ディレクトリ構成や、ビルドファイル・設定ファイルを作成していきます。

ディレクトリ構成

事前に次のようなディレクトリ構成を作成しておきます。括弧内に書いているのは、ディレクトリ内に保存する資源です。

sbt
└─src
    ├─main
    │  ├─java
    │  │  └─sbt(プロダクトコード)
    │  └─resources
    │         ├─public(HTML, CSS, JS, IMG)
    │         └─db
    │               └─migration(SQLファイル)
    └─test
        └─java
            └─sbt(テストコード)

ビルドファイルの作成

次の内容で、ビルドファイルを作成します。

sbt/build.gradle

buildscript {
    repositories { mavenCentral() }
    dependencies { classpath('org.springframework.boot:spring-boot-gradle-plugin:1.3.5.RELEASE') }
}

apply plugin: 'java'
apply plugin: 'eclipse'
apply plugin: 'idea'
apply plugin: 'spring-boot'

compileJava.options.encoding = 'UTF-8'
sourceCompatibility = 1.8
targetCompatibility = 1.8

jar {
    baseName = 'sbt'
    version = '0.1.0'
}

repositories.mavenCentral()
dependencies {
    compile 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-web'
    compile 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-data-jpa'
    compile 'org.flywaydb:flyway-core'
    compile 'org.postgresql:postgresql'
    testCompile 'org.springframework.boot:spring-boot-starter-test'
    testCompile 'org.fluentlenium:fluentlenium-assertj:0.10.6'
    testCompile 'xml-apis:xml-apis:1.4.01'
}

先頭の buildscript ... は、SpringBoot を利用するために必要です。末尾の dependencies ... は、使用するプロダクトを書いています。

設定ファイルの作成

YAML 形式の設定ファイルを作成します。

sbt/src/main/resources/application.yml

spring:
  datasource:
    url: jdbc:postgresql://localhost:5432/sbt
    driverClassName: org.postgresql.Driver
    username: spring
    password: spring
  mvc:
    favicon:
      enabled: false

DB関連の設定を datasource: 配下に書いています。前回記事のDBユーザ等を設定しています。

mvc: 配下は、favicon.ico(ファビコン) の設定です。SpringBoot のファビコンを無効にして、自前のファビコンを(利用者のブラウザに)表示するためです。