開発メモ

Webアプリ(Java, JS, CSS, HTML)や、ゲーム(Unity, C#)のことなどを書いてます。

コーヒー:道具と豆(コスパ重視)

自宅で安くて美味しいコーヒーを淹れるための、道具と豆について書いていこうと思います。コーヒーの淹れ方はいくつかあるんですが、今回はペーパーフィルターで淹れることを前提としています。

※ 味覚は個人差あると思うので、おすすめの豆がお口に合わなかったらすみません。また、ドリッパーなどの道具次第で、味が変わることもあるかと思います。

必要なもの

手動で1人分淹れるために、最低限必要になりそうな道具はこんな感じです。

  • ドリッパー
  • ペーパーフィルター
  • 計量スプーン
  • 計量カップ

あとは、

  • コーヒー豆
  • お湯

が必要になります。

おすすめの道具

ハリオのドリッパーとペーパーフィルターがおすすめです。

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 01W 1~2杯用 100枚入り ホワイト VCF-01-100W

HARIO (ハリオ) V60 用 ペーパーフィルター 01W 1~2杯用 100枚入り ホワイト VCF-01-100W

ドリッパーには計量スプーンが付属しています。フィルターはなかなか実店舗に置いてないのがデメリットで、アマゾンさんやヨドバシさんでまとめ買いすることが多いです。

計量カップは湯量を計ってそそぐために購入しました。

お湯のそそぎやすい計量カップがあれば、ドリップポット(ドリップケトル)がなくても案外いけます。

おすすめのコーヒー豆

自分のおすすめはカルディ(KALDI)さんのコーヒー豆で、イタリアンロースト(夏場はアイブレンド)という銘柄です。

イタリアンロースト/アイスブレンド | darkroasted | コーヒー | カルディコーヒーファーム

味は苦くて酸味(すっぱさ)が少ないです。苦いんですが、その先に少し甘さもあって美味しいです。苦くないコーヒーや、すっぱいコーヒーが好きな人は、他の銘柄のほうが良いかと思います。

ペーパーフィルターで淹れるときは、お店でペーパーフィルター用に挽いてもらっています(豆のままだと淹れることができないです)。

淹れ方

淹れ方はドリッパーの取扱説明書や、

V60透過ドリッパー01クリア - ハリオ

カルディさんのページが参考になると思います。

コーヒーの淹れ方 - カルディ

ハリオの説明書だと、お湯は1杯120mlと書かれていますが、お好みで調整して良いかと思います。

自分は、

  • コーヒーの粉:約10g
  • お湯:約200ml

くらいで淹れてます。

コスト

とりあえず40杯(1杯でコーヒー豆10g使用)で計算してみます。

  • 道具一式:約1,200円
  • コーヒー豆:約1,200円(200g×2)

合計約2,400円で、1杯は約60円になります。フィルターと豆以外は1回買えば長く使えるので、続ければコストはさらに下がっていきそうです。