Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

SublimeText2:パッケージのインストール

SublimeText2 のパッケージインストール方法と、自分がインストールしているパッケージを書いていきます。

2018.05.02 追記

Sublime Text から Visual Studio Code に乗り換えました。

Windows 10 で Sublime Text 2 を使うと、メニューなどの文字がぼやけたためです。Sublime Text 3 も使ってみたんですが、日本語入力が微妙だったりしました。

インストール方法

手順1. Package Control のインストール

事前に Package Control(パッケージコントロールのページ)の手順に従ってインストールしておきます。

手順2. Install Package を実行

Ctrl+Shift+PWindows の場合)を押して、パッケージコントロールを起動します。それから Install Package を選択して Enter を押します。

f:id:mamorums:20170615074640p:plain

入力欄に Install Package を入力するとフィルタリングしてくれます。

手順3. パッケージをインストール

Install Package のウィンドウで、パッケージを選択して Enter を押します。

f:id:mamorums:20170615074709p:plain

こちらも入力欄に文字列を入力すると、パッケージをフィルタリングしてくれます。

インストールしているパッケージ

1. 日本語入力

  1. IME Support

2. Web系開発

  1. HTML5
  2. jQuery
  3. CSS3_Syntax

3. Markdown編集

  1. Markdown Extended
  2. Monokai Extended
  3. OmniMarkupPreviewer

パッケージの補足

3.2. Monokai Extended

パッケージのインストール後、メニューバーの Preferences → Color Scheme で設定できるようになります。

3.3. OmniMarkupPreviewer

パッケージのインストール後、Markdown(拡張子 md)編集中に Ctrl+Alt+OWindows の場合)を押すと、ブラウザでプレビューできるようになります。