Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

iOS:AirDropを無効にする

iPhoneiPad で、AirDrop を使わないようにする手順を書いていきます。

変更後のイメージ

今回の手順で設定すると、AirDrop 自体が表示されなくなります。

f:id:mamorums:20200120002134p:plain

上の画像は、Safari の下のボタンを押したら表示されるものです。iOS13(ダークモード)でスクリーンショットを取得してます。

手順1. スクリーンタイムの表示

以下の手順で表示しておきます。

  1. 設定をタップ
  2. スクリーンタイムをタップ

ホーム画面の「設定アイコン(歯車)」を押して、少し下に移動すると「スクリーンタイム」があります。

手順2. AirDrop 無効化

下のように進めていきます。

f:id:mamorums:20200120002148p:plain

  1. コンテンツとプライバシーの制限をタップ
  2. コンテンツ制限をタップ
  3. AirDrop をオフ

AirDrop のスライドボタンが、右側に来れば大丈夫だと思います。