開発メモ

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

PiaproStudio:画面描画エンジンの変更

Piapro Studio の描画エンジンを「OpenGL」にしていたら、GPUの使用率が高くなることがありました。自分の環境だと、描画エンジンを「Windows GDI」に変更したら改善したので、当時の対応内容などを書いていきます。

環境

環境は以下の通りでした。

事象

描画エンジンが「OpenGL」の場合、Piapro Studio の使用中(再生中)に GPU使用率が高くなりました。

f:id:mamorums:20191003121141p:plain

初音ミクV4X のトラックを2つほど用意して再生すると、GPU使用率が 50%以上になりました。

f:id:mamorums:20191003121156p:plain

トラックを増やすと使用率がさらに上がる感じでした。

対応内容

描画エンジンを「Windows GDI」に変更しました。

f:id:mamorums:20191003121206p:plain

対応結果

GPU使用率が 5%程度に下がりました。

f:id:mamorums:20191003121217p:plain

補足1. DirectX について

描画エンジンを「DirectX」にしたら、GPU使用率は 17%程度になりました。

f:id:mamorums:20191003121229p:plain

OpenGL よりは改善しますが、Windows GDI に比べると少し高い気がします。

補足2. メーカーサポートについて

Piapro Studio の画面描画がおかしいときは、Windows GDI に切り替えて下さいと書かれていました。

piaprostudio.com

Windows の場合は、もしかしたら Windows GDI が良いのかもしれません。