Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

PostgreSQL 9.6:Win10 にインストール

PostgreSQL9.6.x を Windows10 64bit にインストールする方法を書いていきます。

手順1. インストーラのダウンロード

PostgreSQL の公式ページ で「Download the installer」をクリックします。

f:id:mamorums:20180110134749p:plain

遷移先の画面で、PostgreSQL のバージョンと OS を選択して「DOWNLOAD NOW」をクリックします。

f:id:mamorums:20180110134806p:plain

手順2. インストールの開始

ダウンロードした exe を実行します。実行するとインストール用のウィンドウが表示されるので、基本は「Next」ボタンを押して進めていきます。

インストール先を変更したい場合は、下の「手順3」を参考にして頂ければと思います。

手順3. インストール先の変更(任意)

自分はインストール先を「C:\opt\PostgreSQL\9.6」に変更しました。

f:id:mamorums:20180110134818p:plain

データの保存先は「C:\opt\PostgreSQL\9.6\data」にしました。

手順4. パスワード入力

スーパーユーザ(postgres)のパスワードの入力するように求められます。

f:id:mamorums:20180110134830p:plain

任意の値を2回入力して覚えておきます。

手順5. スタックビルダの起動確認

インストール画面の最後で、スタックビルダを起動するか聞かれます。

f:id:mamorums:20180110134841p:plain

必要なければチェックを外して「Finish」を押します。

スタックビルダを使うと、ODBC ドライバやツールなどをインストールすることができます。スタックビルダは、Windows のスタートメニューから起動できるので、迷ったらチェックを外して良いかと思います。

関連記事

Windows:サービスを起動停止するバッチ

PostgreSQL(のサービス)を、使うときだけ起動する方法をまとめています。