Web系開発メモ

Java, JavaScript, CSS, HTML などなど。ハードウェアやゲームのことも書いてます。

VirtualBox:Ubuntu16を動かす

Virtual Box を使って、Windows で Ubuntu16(Xenial Xerus)のサーバーを動かす手順をまとめてみました。

  1. 仮想マシンの作成
  2. Ubuntu16のインストール
  3. Ubuntu16のネットワークとSSH設定
  4. Ubuntu16の共有フォルダ設定
  5. 仮想マシンのバックアップ

上から順に進めていくと、Ubuntu16 を起動して ssh クライアントから接続できます。最後の2つ(共有フォルダ設定とバックアップ)は任意になります。

Virtual Box を直接使ってみた感想

やっぱり Vagrant は便利だなぁと思いました。

でも、Virtual Box もバックアップを取れるので、一度 VM の設定してしまえば楽になりそうです。VM の削除と再作成も簡単でした。

Virtual Box の GUI は便利で、vagrant のコマンドを覚えなくても使えるのが嬉しかったです。

Vagrant を使わなかった理由

今まで Vagrant仮想マシンを作成してたんですが、以下の理由で Virtual Box を直接使うことにしました。

  1. Virtual Box を新しくしたら、Vagrant が動かなかった。
  2. Vagrant の Ubuntu16(ubuntu/xenial64)を使ったら、vagrant ユーザでログインできなかった。

Vagrant のバージョンが古いと、新しい Virtual Box に対応してなかったりするみたいです。あと、ubuntu/xenial64 は、ログインユーザが ubuntu みたいです。パスワードは、vagrant が生成するファイルに書かれているみたいです。