Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

PC感想:ASUS VC66-BB062M ベアボーン

昨年の6月に、パソコンを AsusベアボーンPC「VC66-BB062M」に買い替えました。

これから、

  • セットしたハードとOS
  • 良い点
  • 悪い点

などを書いていきます。

※ ブログ執筆時は、約1年使っている感じです。第8世代のインテルCPUも出ているので、もう少し早くレビューを書ければ良かったです・・・。

ハードとOS

ベアボーンPC なので、自分で以下の機器とOSを揃えてセットしました。

  1. メモリ
  2. SSD(ハードディスク)
  3. OS
  4. 入出力機器

1. メモリ

Micron(Crucial)の4GBを2枚差して使っています。

容量は用途によって変わると思いますが、メモリソケットが2つあるので、デュアル(2枚)にしたいところです。

2. SSD(ハードディスク)

前のPCでも使っていた、TranscendSSD を使っています。

SSD のレビューは、こちらの記事 にも書いています。

M.2 も使えるみたいです。

3. OS

Windows 10 Home(64bit)を使っています。

メディアは USB で、パッケージも小さくて良い感じです。

4. 入出力機器

あとは、

  • マウス
  • キーボード
  • ディスプレイ
  • スピーカー(イヤホン)

などの機器が必要になります。

入力機器は、BIOS をいじることも考慮して、USB接続にするのが無難かと思います。Bluetooth だと BIOS で使えないものが多いのかなぁと。ディスプレイとは、DP(ディスプレイポート)で接続することもできます。

良い点

コスパが良い

別で購入する機器によりますが、10万円程度に抑えることもできそうな感じです。使いまわせる機材があれば、もっと安く仕上げられると思います。

速い

第7世代の Core i5 なので、自分には十分すぎるくらいです。ただ、磁気ディスクで動かしたことはなくて、SSDかどうかで速度も変わると思います。

静か

あんまりうなることもなくて静かです。負荷がかかったり、部屋が暑いとうなることもあります。それでも、前に使ってたノートパソコンより静かです。

小さい

グラボはCPU内蔵になりますが、実機が小さくて良い感じです。ノートパソコンの頃より、机を広く使えている気がします。

デザインが良い

個人差はあると思いますが、他のベアボーンやNUCよりカッコ良い気がしてます。

悪い点

光学ドライブ

ちょっと動きがうるさいときや、ディスクを認識しない時があります。

あとは光学ドライブの出番が減っているので、別売り(外付け)だと嬉しかったです。ブルーレイに対応してないので、ブルーレイを見る人は結局別売りの光学ドライブが必要になります。

SDカードソケット

背面にあって差しづらいです。あと、下向きで差さないとダメな感じで、最初は分かりづらかったです。自分はSDカードをあまり使わず、USBメモリを使うようにしています。

白い傷がつきやすい

実機に爪などが触れてこすれると、白い傷みたいなものがつきやすいです。拭いたりこすったりすると傷は取れるんですが、使い始めは少し気になりました。

東方Project の動作確認

自分が持っている「天空璋」「紺珠伝」「輝針城」は良い感じで動作しています。処理落ちなどは感じません。