Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

ベアボーンPCの拡張性(外付けグラボ・Thunderbolt 3)

2017年6月頃に、ASUSベアボーンPC「VC66-BB062M」を購入して使っています。

web-dev.hatenablog.com

普段使いは全く問題なくて、音も静かで気に入っています。ただ、最近プレイしたいゲームが出てきて、この PCの内蔵グラボだと難しそうです。タイトルとしては「ABZU」「 風ノ旅ビト」などです。

色々調べたところ、「グラボの外付け」が気になったので、調査内容などをまとめていこうと思います。

外付けグラボについて

最近はノートPCとかを、外部のグラボに接続できるみたいです。Razer Core X とかを使うのが有名かもしれません。

www2.razer.com

Razer Core X はケース(シャーシ?)みたいな感じで、グラボは別途購入する必要があります。

接続方法

PC との接続は、Thunderbolt 3 が主流みたいです。そもそも PCIe なので、やはり転送速度が重要そうです。

ベアボーンPC の Tunderbolt 3 サポート

自分の実機だと、Thuderbolt 3 はサポートしてなくて無理そうでした。

Intel NUC だと、モデルによっては Thunderbolt 3 をサポートしてるみたいです。Razer Core X を接続した人の記事も見つけました。

nucfan.com

まとめ

ベアボーンPCを再度購入することがあれば、Thunderbolt 3 をサポートしている実機にしようかなと思いました。

今は、

  • ゲーミングPCの購入
  • Intel NUC + 外付けグラボの購入

とかを迷っているところです。どちらにしても 10万以上にはなりそうです。

家庭用ゲーム機のほうが安いですが、もうちょっと調べたりしてみようと思います。