開発メモ

Webアプリ(Java, JS, CSS, HTML)や、ゲーム(Unity, C#)のことなどを書いてます。

Java DBアクセス:Java共通資源の作成

JavaPostgreSQLRDBMS)に接続するためのプロジェクトを作成していきます。また、JDBC の記事で使う、共通的なクラスを作成します(手順3 以降)。

手順1. プロジェクトの作成

db-access というディレクトリを作成して、その配下に src/main/java ディレクトリを作成します。

db-access/
  - pom.xml
  - src/
    - main/
      - java/

手順2. pom.xml の作成

Maven でビルドできるように、以下の pom.xml を作成します。

db-access/pom.xml

<project xmlns="http://maven.apache.org/POM/4.0.0" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://maven.apache.org/POM/4.0.0 http://maven.apache.org/xsd/maven-4.0.0.xsd">
  <modelVersion>4.0.0</modelVersion>

  <groupId>com.domain</groupId>
  <artifactId>db-access</artifactId>
  <version>1.0.0</version>
  <packaging>jar</packaging>

  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>org.postgresql</groupId>
      <artifactId>postgresql</artifactId>
      <version>42.1.4</version>
    </dependency>
  </dependencies>

  <properties>
    <project.build.sourceEncoding>UTF-8</project.build.sourceEncoding>
    <project.reporting.outputEncoding>UTF-8</project.reporting.outputEncoding>
    <maven.compiler.source>1.8</maven.compiler.source>
    <maven.compiler.target>1.8</maven.compiler.target>
  </properties>
</project>

dependenciesPostgreSQLJDBC ドライバを追加してます。

手順3. 共通クラスの作成

JDBC でコネクションを取得するための共通クラスを作成します。メソッドを1つ用意して、java.sql.Connection を返すようにしています。

db-access/src/main/java/jdbc/base/Driver.java

package jdbc.base;

import java.sql.Connection;
import java.sql.DriverManager;
import java.sql.SQLException;

public class Driver {
  public static Connection connect()
    throws ClassNotFoundException, SQLException
  {
    Class.forName("org.postgresql.Driver");
    return DriverManager.getConnection(
      "jdbc:postgresql://localhost/test",  // url
      "neko", "cat" // user, password
    );
  }
}

SQL(select, update, etc)を実行するときに Connection が必要になるので共通化させています。

接続情報は以下の通りになります。

  • データベース名: test
  • ログインユーザ: neko
  • パスワード: cat

文字列 jdbc:postgresql.... で、ローカルの test データベースに接続するようにしています。内容は、PostgreSQL のマニュアル に従っています。

手順4. 動作確認

手順4.1. 動作確認クラスの作成

Connection を取得して、簡単な SQL を実行するクラスを作成します。

db-access/src/main/java/jdbc/base/ConnectMain.java

package jdbc.base;

import java.sql.Connection;
import java.sql.PreparedStatement;
import java.sql.ResultSet;
import java.sql.SQLException;

public class ConnectMain {
  public static void main(String[] args)
    throws ClassNotFoundException, SQLException
  {
    try (Connection con = Driver.connect()) {
      //-> 現在日時を取得するSQLを準備
      PreparedStatement ps = con.prepareStatement(
        "select current_timestamp"
      );
      //-> SQLを実行してデータを取得
      ResultSet rs = ps.executeQuery();
      //-> データのカーソルを1つ進める
      rs.next();
      //-> データを表示
      System.out.print("NOW ");
      System.out.println(rs.getTimestamp("now"));
      //-> 後処理
      rs.close();
      ps.close();
    }
  }
}

try節(try (Cooection con = ....)は、 Connection を使い終わったらクローズするために書いています。try-with-resources文というみたいで、詳細は以下のリンク先に書かれています。

try-with-resources 文 - Oracle

処理内容は、DB の現在日時(タイムスタンプ)を select して表示しています。SQL を実行すると、PostgreSQLnow という列を返すので、それを rs.getTimestamp("now") で取得しています。

手順4.2. 動作確認クラスの実行

事前に PostgreSQL を起動して、データベースとユーザを作成しておきます。作成方法は記事「DB環境の準備」に書いていますので、必要に応じて参照して頂けると嬉しいです。

それから上の ConnectMain クラスを実行すると、以下のように表示されます。

NOW 2017-11-03 10:28:14.25525