開発メモ

Webアプリ(Java, JS, CSS, HTML)や、ゲーム(Unity, C#)のことなどを書いてます。

JDK8:Win10にインストール

JDK8(8u131)を Windows10 64bit にインストールする手順を書いていきます。

手順1. インストーラのダウンロード

Oracleダウンロードページ で、以下のダウンロードアイコンをクリックします。

f:id:mamorums:20170608120925p:plain

次のページに遷移したら、ラジオボタン Accept License Agreement をチェックして、jdk-8u131-windows-x64.exe をクリックしてローカルに保存します。

f:id:mamorums:20170608120935p:plain

手順2. インストーラの実行

指示通りインストールして大丈夫ですが、自分の場合は設定を2点変更しました。

  1. パブリックJRE:インストールしない
  2. インストール先:C:\opt\jdk1.8.0_131

JREJDK(開発ツール)に含まれているので、パブリックJRE はインストールしないことにしました。設定変更をした後の画面は以下の通りです。

f:id:mamorums:20170608120948p:plain

手順3. 環境変数の設定

以下の通り、JAVA_HOMEPath の設定をしました。

操作 変数名
作成 JAVA_HOME C:\opt\jdk1.8.0_131
値追加 Path %JAVA_HOME%\bin

環境変数の設定方法は、以下の記事にもまとめています。

JDK:Win10の環境変数設定

手順4. 確認

コマンド java -version を実行して、バージョンが表示されることを確認しました。

>java -version