Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

Oracle JDK8:CentOSにインストール

Oracle の JDK8(8u77) を、CentOS にインストールする手順を書いていきます。

2019.12.03 追記

OracleJDK はライセンス体系が変わったので、使わないほうが良いかと思います。このブログでも、今後は Amazon Corretto などの JDK を使おうと思っています。

aws.amazon.com

前提

今回の手順は、JDK がインストールされていない CentOS を使って書きました。既に OpenJDK などがインストールされている場合、事前にアンインストールしたほうが良いかもしれません。

手順1. rpm をダウンロード

wget コマンドで、JDKrpm を取得します。

$ wget --no-check-certificate --no-cookies - --header "Cookie: oraclelicense=accept-securebackup-cookie" http://download.oracle.com/otn-pub/java/jdk/8u77-b03/jdk-8u77-linux-x64.rpm

最新版の JDK をインストールする場合は、コマンドの URL を変更します。URL は Oracle のダウンロードページ で確認できます。

手順2. インストール

rpm コマンドでインストールします。

$ sudo rpm -ivh jdk-8u77-linux-x64.rpm

手順3. 動作確認

java コマンドを実行して、バージョンが表示されれば大丈夫です。

$ java -version
java version "1.8.0_77"
・・・