Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトの公開もしています。

WebSocket:Tomcatでエコーアプリを起動

Java の WebSocket を使ったエコーアプリを、Tomcat に配備して起動してみようと思います。アプリの資源は、以下の記事で準備してきました。

実際に配備する場合は、上の記事の資源が必要になります。

1. war の作成

事前にコマンドラインを開いて、プロジェクトのルートディレクトリに移動しておきます。それから、Maven を使って war を作成します。

ws-echo > mvn package

コマンドが成功すると、target ディレクトリ配下に ws-echo.warが作成されています。

2. Tomcat に配備

Tomcat をインストールしたディレクトリの下に、webapps というディレクトリがあると思います。そこに ws-echo.war をコピーします

※ ブログ執筆時は Tomcat 8.5.24 を使いました。

3. Tomcat を起動

Tomcat をインストールしたディレクトリの下に、bin というディレクトリがあると思います。そのディレクトリの startup.batLinuxMacstartup.sh)で Tomcat を起動します。

次回

次回は、ブラウザからアプリの動作確認をしようと思います。

次の記事:エコーアプリの動作確認