開発メモ

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

lsFeed:2. 初回利用方法

この記事は、lsFeed(フィードリーダー)のマニュアルです。今回は、インストール 後の初回利用方法を書いています。

アプリの起動

ユーザフォルダ配下の lsFeed を開いて、lsFeed.exe をダブルクリックで起動します。

例)
C:\Users\John(ユーザフォルダ)
C:\Users\John\lsFeed(インストール先)

フォルダやEXEが存在しない場合、以下の手順でインストールして頂ければと思います。

web-dev.hatenablog.com

フィードの登録

アプリが起動すると、ブラウザに空の閲覧画面が表示されます。

f:id:mamorums:20191113094351p:plain

閲覧するフィードを設定するために、画面左上の歯車ボタンを押して設定画面に遷移します。

f:id:mamorums:20191113094400p:plain

上の設定画面が表示されたら、画面左上の「+」ボタンを押してフィードを登録します。

f:id:mamorums:20191113090634p:plain

ボタン押下後に、上の登録ウィンドウが開いたら、

  • タイトル(任意)
  • URL(フィードのアドレス)

を入力して「Add」ボタンを押します。

例)
・タイトル:Yahoo! 主要
・URL:https://news.yahoo.co.jp/pickup/rss.xml

フィードの閲覧

設定画面左上の「<」ボタンを押して元の画面に戻ると、登録したフィードを閲覧することができます。

f:id:mamorums:20191113090644p:plain

次のページ

3. フィードの閲覧