Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトの公開もしています。

テトリス考察:ボード・座標

Unity 2D でテトリスを制作したときのメモです。

web-dev.hatenablog.com

上のリンク先の参考文献を元に、ボードや座標について考えた内容です。

概要

テトリスのプレイ画面を、下のように考えてみました。

f:id:mamorums:20200723180139p:plain

図中の数字は、位置 (x, y) を示します。右に行くと x が、上に行くと y が増えます。

座標は3つに分けていて、

  • 中央:Main
  • 左:Hold
  • 右:Next

といった感じで、それぞれの左下が (0, 0) です。

実装方法

ゲーム内部では、座標の位置ごとに IDを覚えておきます。

f:id:mamorums:20200723180157p:plain

例えば、

  • 空:0
  • 壁:1
  • I字ブロック:2
  • O字ブロック:3

といった感じです。

あとは、IDで色を解決できれば画面表示できそうです。