Web開発など

Java, JS, CSS, HTML, Unity, C# のことなどを書いてます。フリーソフトや二次創作の公開もしています。

Unityのバージョン番号とリリースプラン

Unity(開発環境)のリリースサイクルと、バージョン番号について調べたのでまとめていきます。

1年間で4つのメジャーバージョン

今後は1年間に4つのメジャーバージョンがリリースされるみたいです。

2019年の場合は、

  • 2018.4:LTSストリーム
  • 2019.1, 2019.2, 2019.3:TECHストリーム

といった感じです。

LTSストリーム(長期サポート)

西暦の後に .4 が付くバージョンは、2年間の長期サポートになるみたいです。

マイナーバージョン(例:2018.4.x)のリリースは続きますが、新機能の追加や、APIの変更などはないみたいです。

TECHストリーム(最新版)

西暦の後に .1, .2, .3 が付くものは、新機能が盛り込まれる最新版になるみたいです。

こちらもマイナーバージョンのリリースは随時行われるみたいです。

まとめ

安定版で開発したい場合は LTS(yyyy.4)、それ以外は最新版(yyyy.1-3)で良いのかと思います。

LTS もサポート期間は2年なので、それ以上長く続くようなゲームは、どこかでバージョンアップすることになるかもしれません。

参考文献

blogs.unity3d.com