dev.log

開発(Java, JS, CSS, HTML, Unity, C#)のことなどを書いてます。東方Project の二次創作もやっています。

Windows10:オーディオIFの接続中にスリープしない

PCにオーディオインターフェイスを接続するようになってから、Windows10 がスリープしなくなった気がしました。それから、少し調査したのでまとめてみました。

使用中のオーディオインターフェイス

今は、M-AUDIO の M-TRACK HUB を使用しています。

2019.07.05 追記

Windows10 を再インストールしたところ、オーディオインターフェイスの接続中もスリープに移行してくれるようになりました。音声出力があるアプリを立ち上げてなければ大丈夫そうなので、PCと常時繋いでおくようにしました。

以下の調査方法と結果は、Windows10 を再インストールする前の状態になります。

スリープしない原因の調査方法

管理者権限でコマンドプロンプトを表示させて、

powercfg /requests

を実行すると、スリープを阻止しているもの(アプリやドライバ)が表示されるようです。詳細は以下のサイトを参考にさせて頂きました。

Windowsが自動でスリープ移行できない時に原因を特定する方法 - deaimobi.com

M-TRACK HUB 使用中(USB接続中)

コマンドを実行すると、

>powercfg /requests
DISPLAY:
なし。

SYSTEM:
なし。

AWAYMODE:
なし。

実行:
なし。

PERFBOOST:
[DRIVER] レガシー カーネルの呼び出し元
Power Manager

ACTIVELOCKSCREEN:
なし。

となっていました。全ての項目が「なし」だとスリープに移行するんですが、PERFBOOST の項目で引っかかってるようです。

M-TRACK HUB 未使用(USB切断中)

上の結果だとオーディオインターフェイスがスリープを妨げているのか分からない感じです。ただ、オーディオインターフェイスを切断してからコマンドを実行すると、

>powercfg /requests
DISPLAY:
なし。

SYSTEM:
なし。

AWAYMODE:
なし。

実行:
なし。

PERFBOOST:
なし。

ACTIVELOCKSCREEN:
なし。

という結果になりました。そして、一定時間経過するとスリープに移行してくれました。