開発メモ

Webアプリ(Java, JS, CSS, HTML)や、ゲーム(Unity, C#)のことなどを書いてます。

WSL:Windows Subsystem for Linux を使う

WSL(Windows Subsystem for Linux)を使って、Windows10 で Ubuntu を動かす方法を書いていきます。

前提

動作確認で使用した Windows のバージョンは以下の通りです。

  • エディション:Windows 10 Home
  • バージョン:1803
  • インストール日:2018/05/09
  • OS ビルド:17134.112

手順1. WSL の有効化

最初にコントロールパネルの「プログラム」を開いておきます。そこで「Windows の機能の有効化または無効化」をクリックします。

f:id:mamorums:20180620133414p:plain

新しいウィンドウ「Windows の機能」が開くので、「Windows Subsystem for Linux」にチェックを入れて「OK」ボタンを押します。

f:id:mamorums:20180620133425p:plain

再起動を求められるので、指示通り再起動します。

手順2. Ubuntu のインストール

Microsoft ストアを開いて、文字列「linux」などで検索します。

f:id:mamorums:20180620133437p:plain

検索するとディストリビューションUbuntuSUSE Linux など)が表示されるので、Ubuntu を選択してインストールします。

※ インストールするには、Microsoft アカウントが必要になりそうです。

手順3. Ubuntu の起動

インストールが完了すると、スタートメニューに Ubuntu が追加されます。

f:id:mamorums:20180620133453p:plain

これをクリックして、Ubuntu を起動します。

f:id:mamorums:20180620133506p:plain

上の画像は起動後の画面です。初回起動は少し時間がかかるのと、ユーザー設定が必要になります。ユーザー名とパスワードは自由に設定して良さそうです。

補足1. Ubuntu の起動方法

コマンドプロンプトbash を実行しても、Ubuntu を起動することができました。

c:\ > bash
/mnt/c $

補足2. Cドライブへのアクセス方法

Ubuntu 側の /mnt/c が、Windows 側の Cドライブみたいです。Windows 側のファイルを操作したい場合などは、/mnt/c 経由でアクセスすると良さそうです。

補足3. Ubuntu のバージョン

Ubuntu のバージョンを調べたら 16(xenial)でした。

~$ cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=16.04
DISTRIB_CODENAME=xenial
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04.4 LTS"

補足4. sudo の設定(任意)

デフォルトだと sudo で毎回パスワードが求められそうなので、自分のユーザーはパスワード入力を不要にする方法を書いておきます。

下のコマンドを実行すると、

$ sudo visudo

設定ファイルが開くので、末尾に以下の文言を追加します。

ユーザ名 ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL

設定を保存すると、sudo のパスワード入力が不要になります。

補足5. パッケージの更新(任意)

念のため、apt を使って更新しておきました。

$ sudo su -
# apt update
# apt upgrade

最近は、apt-get よりも apt が推奨されているようです。