開発メモ

開発(Java, JS, CSS, HTML, Unity, C#)のことなどを書いてます。東方Project の二次創作もやっています。

ADP(アマゾン・デリバリー・プロバイダ)の感想

2018年の半ばくらいから、Amazonで注文すると ADP(Amazon Delivery Provider)が荷物を届けてくれるようになりました。

ネットで調べると、ADP は「届かない」「遅い」「態度が悪い」「不在票を入れてくれない」といった内容を見かけたんですが、自分の場合(地域)はそんなことなかったです。

ということで、自分が気付いた点を書いていこうと思います。

1. 普通に届く

Amazonが連絡くれた日に普通に届いてます。届かないことは一度もありませんでした。

2. 態度は悪くない

今のところ、態度が悪いと感じた人はいません。普通に挨拶もしてくれますし、良い感じだと思っています。

3. 不在票は入れてくれる

不在票はきちんと入れてくれます。

4. 再配達も大丈夫

再配達は電話で連絡した通りにしてくれます。1点だけ要望なんですが、Webでも再配達依頼ができると嬉しいなと思いました。

5. 荷物の追跡も可能

アマゾンが発送メールや配達中メールを送ってくれるので、不便だと感じたことはないです。

6. ハンコ不要で嬉しい

ADP はハンコいらないのが良いです。玄関にハンコ置いてあるんですが、いつも面倒だなーと思っていました。

まとめ

アマゾンのデリバリープロバイダで、嫌な思いはしたことないです。あくまで自分の経験になりますが、心配することはないと思います。

いつも届けて頂きありがたいです。