開発メモ

Webアプリ(Java, JS, CSS, HTML)や、ゲーム(Unity, C#)のことなどを書いてます。

Googleフォントを使う

Googleフォント を使うと、Webページに珍しい文字(オシャレな文字)を表示してアクセントを加えることができます。

使いどころとしては、

  • ロゴの代替
  • ブランド名(サイト名)
  • メニュー、見出し
  • 等々

になるのかなぁと思っています。

CSS でフォントを読み込むので、クライアントに存在するか(フォントがインストールされているか)を気にしなくて良い点がメリットだと思います。

これから、Googleフォントの使用方法を書いていきます。

使用手順

流れとしては、こんな感じになるのかと思います。

  1. Googleフォントのページ で使いたいものを見つける
  2. フォント の CSS を HTMLで読み込む
  3. HTML の要素にフォントを指定する

使用例

Anton というフォントを使いたいとしたら(手順1)、

フォントの CSS を、

<link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Anton" rel="stylesheet">

といった感じで読み込みます(手順2)。

それから、

#brand {
  font-family: 'Anton', sans-serif;
  ・・・省略・・・
}

といった感じで、HTMLの要素にフォントを指定します(手順3)。

上のタグとスタイルは、フォントのページに記載されています。

コード例

上のコードを含む、完全な HTML を書いてみました。

<!DOCTYPE html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8" />
<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
<title>Googleフォントのサンプル</title>
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
<link href="https://fonts.googleapis.com/css?family=Anton" rel="stylesheet">
<style>
#brand {
  font-family: 'Anton', sans-serif;
  font-size: 40px;
  color: #248;
}
</style>
</head>
<body>
<div id="brand">Hello World</div>  
</body>
</html>

ブラウザで開くと、下のような文字が表示されます。

f:id:mamorums:20180726100016p:plain